スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サハ101からモハ103を作る

桜が開花を迎え、気温もだんだんと高くなり、春本番になってきました。
IMG_2415_convert_20140406232907.jpg





以前、E331系の配給の撮影の後、池袋のぽちで103系中間のジャンク車両を探すも在庫がなく、代わりにサハ101があったのでとりあえず購入。


現在製作中の森ノ宮のLA4編成(Tc802-Tc843)のサハにでも改造しようと思いましたが40N工事車ですし、じゃあ同じくモハにでもと思いましたが、非ユニットサッシなのでこれも没。
じゃあ、日根野の旧K603編成(Tc1-Tc2)を作ろうということになりました。

某Go●gle画像検索や某You●ubeでクハ103-1の編成について調べると、編成中の全車両が非ユニットサッシでN40工事車両ということが、わかりました。ということで、即着工にかかりました。



やたら長いしやたら画像も多いので続きへ



制作予定のモハ103形と今回購入したサハ101形では

・側面方向幕の有無
・側面通風ルーバーの有無
・台車の違い 101系→DT21 103系→DT33(T車:TR201(TR62))
・床下機器の違い(←当たり前や

が大きな特徴です。他の細かいところは、まぁ、各自でググってください。


今回は、日根野の旧K603編成の全車N40体質改善工事車なので、ベンチレーター撤去の必要がありません。


種車です。
fc2blog_20140406224253cd9.jpg
定価1000円でしたが、セール期間中で900円でした。大して変わってませんが・・・。

まずは、方向幕と通風ルーバー設置のため、ピンバイスで接着剤の逃げ道となる穴を開けました。
photo2.jpg
この穴を開ける方法は設置箇所の目安ともなるので、お勧めします。


続いて、戸袋窓閉鎖をします。
photo3.jpg
プラ板を窓にはまる程度のおおよその大きさにして、裏から瞬間接着剤で固定します。
普通は白のプラ板を使用するかと思いますが、手元になかったので、とりあえず透明のプラ板をしようしました。


妻面窓の閉鎖も忘れずにおこないます。
photo4.jpg

ここで一旦、サーフェイサーを吹きました。
photo7.jpg

隙間をパテで埋め、ヤスリで調整していきます。
photo8.jpg

再度サフを吹きます。
photo9.jpg


GM既製品と改造品の妻面の比較です
photo10.jpg
全くではありませんが、ほとんど目立たない仕上がりになりました。



次は、窓パーツの加工になります。
戸袋窓がないので、種車の窓パーツの戸袋窓部を撤去します。











ミスって2つにポッキリ逝ったやつとか
photo12.jpg


完全に逝ったやつとか。
photo13.jpg
幸いにも、表に出る部分に被害はありませんでしたが、指を損傷しました()



妻面パンタ配管は真鍮線で簡易表現
photo20.jpg



屋根は種車とGM103系のものを切り継ぎ、パテで切継部を埋めました。
photo16.jpg



いよいよ塗装です。
青22号であるスカイブルーなのですが、残念ながら手元になく、昨日の秩父SLを撮りに行った帰りに、池袋IMONでGMスプレー6番(青22号)を購入してきました。

これで車両らしくなってきました。
photo18.jpg



最後に、窓パーツやパンタグラフを取り付け、完成です!
photo19.jpg
インレタ貼り付けは見送りました。


行き先はとりあえず103系の晴れ舞台(運用)である「区間快速 天王寺」にしました。
あえて快速にはしませんでした。

私が所有している103系で2両目の戸袋窓埋め車ですが、今回はなかなか上手くできたと思います。
この工事は結構だるいので、よっぽどの事がない限りもうやらないと思います。
以降はGM103系初期車キットを買おうと思います。

それでは、失礼いたします。





2014年4月8日 一部画像差し替え
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

翠各停

Author:翠各停
都営バスと鉄道模型が趣味なアイマスPでございます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
記事カテゴリ
ブログパーツとか





まよねーず工場


アクセス数
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。